中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏季休業のお知らせ

どうもよっチです。
まわりはすっかり夏休みモード、その例にもれずこちらも夏休みをとりたいと思います。それにともない、更新、訪問はしばらくお休みし、来月終わり(おそくとも9月はじめ)ぐらいに再開したいと思います。

皆様、事故にはくれぐれもお気をつけて、楽しい夏休みを!


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

今年も夏恒例、山梨出張(2)

どうも、よっチです。
前回の続きということで。フォーラムの翌日は朝から夕方までエンジョイタイム、ゴルフ組と観光組に分かれての行動、小生は無難に観光組に参加。車2台に分乗し、はじめに訪れたのがここ。

20170725-01-07211614.jpg

場所は中央自動車道の釈迦堂PAにある。高速道路の工事中に発見された縄文時代の遺跡のようで、規模としては青森の山内丸山遺跡に次ぐ出土数のようだ。壺状のものを中心に展示してあるのだが、特に感動したのがこれだ。

20170725-02-07211614.jpg

出土したパーツを粘土か何かで繋いでいるのが良くわかる。この復元した壺は1/4~1/3近くが繋ぎ部分のようで、出土した30年近く前の関係者の苦労がしのばれる。今ならばITを駆使してより効率よく復元できそうな気もするのだが。

20分ぐらい見学したあと、次はルミエールというワイナリーへ移動。ここでは30分コースのレクチャーを受けるのだが、まずはじめに目にするのがこのぶどうたち。

20170725-03-07211614.jpg

品種はもちろん甲州、今年は雨が少なく、ぶどうの大敵であるカビに悩まされることもなく成長もまずまずのようだ。下に雑草が生え放題になっているが、これは水分の吸収を分散させるためにこうしているらしい。それぐらい水の加減は微妙なようで、出来栄えにも影響するようだ。

他にも製造工程や貯蔵室などを回って見学が終わり、いよいよお待ちかねのランチタイムーッ! 1発目がこれ。

20170725-04-07211614.jpg

コーンポタージュ、これ冷めたやつで、暑い夏にぴったり、右上のがスパークリングワイン、シュワッとした喉越しがたまりまへん!

20170725-05-07211614.jpg

おっとー、これは子牛のなんとか(名前忘れた)、そして、

20170725-06-07211614.jpg

ニジマスだそうです、このピンクのムニエル、これもいけましたよ。そしてとどめのデザートで終了(写真は省略)。

食事のあとはワインを2本購入し、次の目的地へ。

20170725-07-07211614.jpg

ここは新道峠という富士山が見える絶景ポイント。残念ながらこの日は天候が今一つで富士山は拝めず、下に見えるのが河口湖、本来なら正面に富士山が見えるようだ。

さて、富士山は逃したが、代わりにこんなものを見ることができた。

20170725-08-07211614.jpg

リニアの見える丘というのがあり、あまり期待していなかったのだが運よくリニア実験車両の撮影に成功。ここは折り返し地点に近いのでスピードもそんなに出ていないようだ、撮影するのにちょうどよい場所らしい。

ツアーはこれで終了となったが、最後の最後でなんか得したような感じ、いい終わり方ができて満足のいく旅となった、おしまい!


家庭菜園 ブログランキングへ

今年も夏恒例、山梨出張(1)

どうも、よっチです。
この季節になるとチューブが活躍するのと同じで恒例行事が開催される。それがこれ。

20170722-01-07211614.jpg

山梨を中心に活動するNPOのフォーラムなのだが、小生も関係者である手前、極力参加するようにしている。時間は約3時間で、今回は地域観光という切り口でITを絡めた内容の講演が中心、登壇者は国の官僚の方や研究機関の方、大学教授など、久しぶりの”お勉強”ではあったが、知識としてためになり、充実した時間を過ごせたと思う。

さて、今回の会場は新宿から特急で90分ほどのところにある石和温泉、市町村でいうと笛吹市になる。ここは温泉としても有名だが、桃やぶどうの産地としても知られている。また、市内にはJR東海のリニア実験線もあり、いろいろと見どころがある魅力的な地域だ。フォーラム終了後は、そんな地域の観光ツアー、バスに分乗し訪れたのがここ。

20170722-02-07211614.jpg

こじんまりとしたワイナリーである。山梨だとメルシャンが大規模な設備を持ち有名だが、ほとんどのワイナリーが小規模で、原料のブドウを自前栽培するなどして工夫をこらしているようだ。そんなワイナリーで小生も試飲で気にいった甘口のを一つ購入した、家でゆっくり味わうつもりである。

次に向かったのが、宿泊場所となるこちらの施設である。

20170722-03-07211614.jpg

実は石和温泉駅から歩いて5分ほどのところにある。部屋がこれまたすごいのなんの(下)。

20170722-04-07211614.jpg

和室ではあるが、広さは20畳近くはあっただろうか、普通なら3,4人で使うようなところを1人分として割り当てられた。こんなに広くなくってもいいんだけどなー。

さあ、夜はいよいよ宴会タイム―! 今回もおいしいもの、いただきましたーっ。例えば、こんなの

20170722-05-07211614.jpg

や、はたまた、こんなの

20170722-06-07211614.jpg

などなど。ところで、海なし県なのにマグロ?って思われる方もいるのではと思いますが、実は山梨はマグロの消費量が多くて、都道府県別ランキングで上位(平成26年だと2位)だったりするんですよねー。確かに寿司屋があちこちにあったりします。

そんな料理の数々を消化しつつ、極め付けがこれだ。

20170722-07-07211614.jpg

アルコール度数50?のウイスキー。小生、酒はどちらかいうと強いほうだと思っているが、さすがにこいつは水で割って飲んだ、危険な香りがしたので(汗)。味はまあまあでした。

そんなこんなで、ずいぶん心地よくなったのでこの日は風呂に入って寝てしまった。他の参加者はというと2次回に突入し、大変盛り上がったらしい、まあ、参加したのがCMでおなじみの某社の社長さんとか、”癖のありそうな”ディープな面子ばかりだったので、参加する気がそもそもなかったんですがね。ということで続きはまたの機会に。


家庭菜園 ブログランキングへ

自家製野菜でチャーハン作り

どうも、よっチです。
夏は暑くて日々過ごすのに不快ではあるが、こと野菜に関しては収穫物のストックが増えて大変助かる。今回はそんな自家製野菜の中からたまねぎとにんじんを使ってチャーハンを作ることにした。ご飯以外の材料はこんな感じ。

20170718-01-07080910.jpg

実にシンプル、肉の類は使わない、これだけでも結構お腹いっぱいになるからだ。玉ねぎは干してたものを、にんじんはとれたてを使用する。

20170718-02-07080910.jpg

早速調理開始、カットした玉ねぎとにんじんを油を引いたフライパンに入れ、ご飯とともに炒める。塩コショウは適当にぱっぱまいて、ある程度焼けたら卵を投入、さらにかき混ぜながら炒める。醤油はほんのちょっと上からさらっと入れる、あまり入れてしまうとしょっぱくなってしまうので要注意だ。

それで、できあがりがこれだ。

20170718-03-07080910.jpg

多めにできてしまったので、2食連続でのチャーハンだが、たまにはこんな日があってもいい、家計にやさしいし手間もかからない、まさに一石二鳥である。


家庭菜園 ブログランキングへ

にんじん/たまねぎエリアの整地作業

どうも、よっチです。
先日の日曜日、それにしても梅雨だってのに暑い暑い、そんな中での野良仕事、実にしんどかった。

さて、8末の人参秋植えに間に合うように、そろそろ作業をしなければならない。今回の秋植えはローテーションにより、たまねぎをやってたところでやるのだが、春にデビューした移動式防虫ネットにぴったりはまるように規格統一しなければならない。

ということでまずは準備、日差しが厳しいのと、蚊があちこちにいるので完全武装だ(下)。

20170715-01-07091107.jpg

なにしろ裏庭は貸農園と違い蚊があちこちにいる、下手に肌を露出しようものなら容赦なくさしてくる、もう痒いのなんの。そして材料、朝一でホームセンターに行き購入。

20170715-02-07091107.jpg

今回の目玉は敷地の一部に固まる砂を投入し、雑草が生えないように整地することである。気持ち的には全敷地にやりたいところだが、野菜の生育環境、つまり水の循環や養分的なものを考慮し必要最小限にとどめる。

さあ、いよいよ作業開始、今回はまず周囲の土を取り除き、板をはめられるようにするところまで。

20170715-03-07091107.jpg

マルチの部分が、6月までたまねぎがいたところ、そのまわりは全く手が入っていないところだったので、ひたすら掘り起こし、と言っても実は前もって何日か前に着手していた。ちなみに、固まる砂を投入するのは左端の蚊取り線香があるところ。ここにはさらにポールを設置する。

20170715-04-07091107.jpg

ここの左端、写っていないところが崖になっているのだが、崖の雑草除去の作業で命綱をつるすためにポールを設ける。十分な強度を出すため、ブロック2個と小石を大量投入してしっかりと基礎を作る必要がある。この作業が終わって、やっと固まる砂が投入でき、その後に畑の整地作業という流れになる。一気に片付けたかったが、小石が足りないのと日差しが強く熱中症にかかりそうになったので途中で断念した。残念だけどこんな日は無理しないのが一番、まだまだ時間的猶予があるので、じっくり完成させていきたい。


家庭菜園 ブログランキングへ

にんじんの収穫

どうも、よっチです。
先週のことであるが、にんじんがそろそろいい感じになってきた。移動式防虫ネットごしであるが、こんなもじゃもじゃ状態である。

20170711-01-07021559.jpg

この中で特に葉に勢いのあるのを選んで根本を掘ってみたところ。。。

20170711-021-07021559.jpg

それなりににんじんっぽく太くなっている、よしよし。これは早速収穫。

そして次に移動式防虫ネットを使っていない通常型の方も確認。

20170711-03-07021559.jpg

こちらはすっかり雑草と混在状態。しかし、にんじん自体はしっかり育ってくれたようである。ということでこの日の収穫がこちら。

20170711-04-07021559.jpg

にんじん2つと、インカのめざめを根こそぎ収穫。この光景、まんざらでもない。あとは、こいつらをどうするか? ここは基本に忠実にザ・男料理でいく。それぞれ刻んだものを、バターで炒めるのみ。できあがりがこちら。

20170711-05-07021559.jpg

どうですか、この素朴さ、でも味は文句なし。にんじんは生でも食べてみましたが、甘くておいしかった。これだから野菜作りはやめられない!


家庭菜園 ブログランキングへ

落花生の様子

どうも、よっチです。
発芽からかれこれ1ヶ月たっただろうか、ようやく開花までたどりついた。全体の様子はこちら。

20170708-01-07020916.jpg

すっかり大きく育っている。黄色いのがちらちら見えるがこれが花である。拡大したのがこちら。

20170708-02-07020916.jpg

実にかわいらしい。このタイミングでやらなければならない重要作業、マルチはがしだ。

落花生は同じマメ科の枝豆などとは違い、実が地中になる植物である。よく確認しなかったが花のついていたところから枝のようなものがニョキニョキ伸びてきて、これが地中にもぐり実ができてくるという仕組みらしい。

なので、マルチをはがし、さらには中耕して準備しておく必要がある。ということでせっせとやったのがこちら。

20170708-03-07020916.jpg

元の畝より約20cmぐらい幅を広げた感じにしている。本来ならこのタイミングで追肥するところであるが、これまでの野菜作りで十分に残肥があると思ったので今回は行わなかった、成長も順調なようだし。実をつくるのに必要な石灰も種まき前に十分与えたのでこれも省略。ということで、収穫まであと2ヶ月はかかるだろう。長丁場なので気長にやっていこうと思う。


家庭菜園 ブログランキングへ

2017上半期を振り返って

どうも、よっチです。
時の流れもはやいもので、あっというまに半年が過ぎ7月に。ここらで反省も込めてこれまでの活動を振り返りたい。

(1)菜園活動はまずまず
今年はこれまでの経験がいい形で生かされているせいか、まずまずである。なんといっても玉ねぎのでき、これには満足している。この調子で来年はさらに質を高めていきたい。

にんじんとナスは収穫がはじまったばかりで、これからの評価になる、基本に忠実にやっているつもりではあるがはたしてどんな感じになるか。

じゃがいもの春作は実験的な形になってしまった、インカのめざめの収穫量の少なさを認識できた、といったところで、本番は秋作、昨年以上のできになるよう準備を進めていきたい。

さつまいもと今年よりはじめた落花生も収穫は秋なので評価はこれから。特に落花生はどんな感じになるか楽しみである。

作物的な課題はなんといっても葉物野菜。こちらまでなかなか十分に手が回らず、後手になっているのは否めない。今、裏庭を整理中で葉物専用エリアを作ろうとしている。健康のためにも葉物にもそろそろ本腰で取り組んでいこうとは思う。

(2)めしネタが今一つ
振り返れば、上半期に投稿したネタは、ちぢみ、マーマレード、スウィートポテト、飴色たまねぎ、の4つで寂しい限り。せっかく作物をやっているのに、これではもったいない。ブロ友さんたちのネタには質量ともに劣るのは否めないが、せめて下半期は倍以上の10は投稿したいと思う。

(3)国家試験の取り組み
突拍子もなくはじめた通訳案内士の試験対策、今年は最低でも地理には合格すべく暇を見つけては対策本に目を通している。この調子でモチベーションを維持していければ地理ぐらいはいけそうな気もしなくはないが果たしてどうなるか、ちょっと考えが甘いかな?

(4)その他はこれまで通りに
本ブログでは他に映画、ネコ軍団、おでかけ関係などをときどき投稿しているが、こちらは今後も同じような形でやっていきたい。うんちく系は早くもネタ不足(やらなきゃ良かった)、以前投稿したフランス語ネタが今一つだったので、今後どうしようか考えているところではある。

ということで、今年の後半戦、これまでと同じようなペースで適当にやっていきたいと思いますので、よろしくお願いします!


家庭菜園 ブログランキングへ

安納芋の様子

どうも、よっチです。
先月はじめに植え付けをした安納芋、無事活着し成長モードに入ったようである(下)。

20170701-01-06240920.jpg

全部で10株植えてある、手前の2株は歯抜け、いやいや”葉抜け”のようだが、茎がちゃんと生きており、また、よく見るとまだまだギブアップしていない。

20170701-02-06240920.jpg

これは手前から2番目。茎のあちこちに新芽が出ている。ある程度は虫に食われるかもしれないが、果たしてこのまま生き残れるかどうか。

次にこちらの手前のやつ。

20170701-03-06240920.jpg

葉がわずかに残っているという状況、新芽もいくらか出ている。こちらも茎そのものはきちんと生きていてピンピンしている。

ということで当面の見どころはこの2株がどうなるかだ。自然の力が勝るか、芋の力が勝るかおもしろいところではある。この状況の場合、毎年の傾向からいうと芋が勝つのだが、はたして今年はどうなることやら。


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。