中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

パートタイマー、映画を語る-その9「追憶」(米、1973)

どうも、よっチです。
久しぶりに映画の紹介をさせていただければと思います。今回はシドニー・ポラック監督作「追憶」(米、1973)です。

(背景など)
本作は脚本のアーサー・ロレンツが体験した学生運動を元にしたもので、物語はマッカーシズムが吹き荒れるハリウッドの様子も描かれている。ちなみに、マッカーシズムとは平たく言えば反共運動のことで、当時のハリウッドにも左翼とは言わないまでも政府の右寄りの政策にはついていけず、よりリベラルな立場をとる文化人などが多かったようである。このあたりの状況が今のトランプ政権とリベラルな人たちとの対立と重なるように思えてならないのは自分だけだろうか?

監督はシドニー・ポラック、本作で高い評価を得、1985年には「愛と哀しみの果て」でアカデミー監督賞を受賞している。他にも高倉健出演の「ザ・ヤクザ」やダスティー・ホフマン主演の「トッツイー」なども手掛けている。

音楽担当はマーヴィン・ハムリッシュ、本作ではアカデミー主題歌賞を受賞している。彼はアメリカの主要な賞(エミー、グラミー、アカデミー、トニー、ゴールデングローブ、ピュリッツア)を全て受賞したことがある数少ない作曲家でもある。

主演は当時のトップスターであるバーブラ・ストライサンドとロバート・レッドフォードの2人である。バーブラ・ストライサンドは、女優として成功を収めているだけでなく、歌手としても数々のヒット曲を唄っている、まさにマルチな才能の持ち主である。オスカー(アカデミー賞)は主演女優賞で1回、(作曲家として)作曲賞で1回、とこれだけでも十分すぎるぐらいすごいんですが、他にもエミー賞6回、ゴールデングローブ賞11回、グラミー賞10回、トニー賞1回と”どんだけとるんやねん”という感じです。

もう一人の主演、ロバート・レッドフォードはバーブラ・ストライサンほどではないが、自身が監督した1980年公開の「普通の人々」でアカデミー監督賞を受賞している。これは初監督作品だからまさに快挙である。レッドフォードと言えばポール・ニューマンと共演した1969年公開の「明日に向かって撃て」や1973年公開の「スティング」を思い浮かべてしまう。二人の絶妙なコンビネーションがまたいいんですよね。

(ストーリー)
左翼思想に傾倒し、学生運動に没頭するケイティ(バーブラ・ストライサンド)とスポーツマンでもて顔のハベル(ロバート・レッドフォード)、全く正反対の二人が大学卒業後、ニューヨークで再会する、時は第二次世界大戦真っ只中である。やがて戦争が終わり二人は結婚、ハベルは脚本家として徐々に認められるようになる。生活も安定しケイティは子供を身ごもり人生を謳歌する二人であったが、そんな幸せな日々も長くは続かなかった。

米ソの冷戦期に突入すると、ハリウッドでもマッカーシズムの嵐が吹き荒れはじめ、ケイティの思想が仕事に影響するようになる。それとともに二人の関係は悪くなり、ハベルはケイティから離れ、元恋人のキャロルの元へ身を寄せる。

ケイティはハベルとキャロルの関係を知るが、自分と別れ、キャロルと一緒にいることによりマッカーシズムによるブラックリストからハベルが外れるならばと考え離婚を決意する。

時は流れ50年代初頭、ニューヨークの街角で原爆禁止の署名運動をしているケイティをハベルが見かけて再会、見つめ合う二人、しかし、別々の人生を歩んでいた。お互いを励まし合い、かつて愛し合った思い出が去来する中、別れを告げ、その場を去っていくのであった。

(音楽)
今回は主題歌の1曲、「The Way We Were」※のみです。アカデミー主題歌賞の他、ビルボードチャートで3週1位になっており、1974年の年間トップにも輝きました。主演のバーブラ・スタライサンドのすばらしい歌声が印象的で、メロディーや歌詞も秀逸、まさに3拍子そろった名曲と言えるでしょう。

AFIアメリカ映画100年シリーズのアメリカ映画主題歌ベスト100では第8位にランクされた。ちなみに1位は「虹の彼方に」(オズの魔法使い)である。

※「 」内の曲名をクリックすると実際に聴けます


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

たまねぎの様子!

どうも、よっチです。
昨年11月に植え付けたたまねぎたち、貸農園に90株、裏庭に140株ほどが今もすくすくと育ってくれてるようだ。

まずは、貸農園の様子。

20170223-01-02031100.jpg

ここは鳥害対策でネットをしてある。手前の空スペースはさつまいも用で春の植え付けまでお預け。たまねぎの拡大画像がこちら。

20170223-02-02031100.jpg

なんとか生き残っているという感じだが、案の定、脱落した苗はまだ出ていない。ネットが効果を発揮しているようだ。前回、前々回は見事にやられたが、調べたところ鳥害が認められた。たまねぎも今はこんなだが、昨年の状況から3月ぐらいからぐんぐん成長し、6月にはそれなりに収穫できるだろう、と楽観視している。仮に今ひとつだったとしても、裏庭にもそれなりにあるので昨年以上の収穫は期待できる。

さて、裏庭はというと、こんな感じだ。

20170223-03-02031100.jpg

ここは土がいいのと、貸農園に比べて若干暖かく環境が恵まれているのか、背丈や太さがあり、青々としている。ここまでだと裏庭のほうがはるかに状態はよいが、勝負は3月以降、昨年の場合だと、貸農園のたまねぎたちの成長が目覚ましく、収穫時は同レベルかそれ以上だったぐらい。

このあたり、人間と同じで、恵まれた環境だからと言ってそれに見合った成長をするとも限らないし(もちろん成長する可能性は高いのだが)、過酷な環境が帰っていいほうに効いて立派に育つ、というようなこともあるのだろう。野菜の世界もなかなか奥深いものである。


家庭菜園 ブログランキングへ

ニューメキシコの思い出!(その2)

どうも、よっチです。
今回は2回目、ニューメキシコの魅力的なところを紹介していきたい。まずはこちらの写真。

20170220-01.jpg

これは州都サンタフェの教会である。この特徴的な建造物といい、ここはアートの街として知られている。サンタフェと聞いて宮沢りえを思い出す人がいるかもしれないが、かのヌード写真集を撮影したのはまさにこの街である。

ニューメキシコ全体で言うと隣国メキシコと同じような地域性なのか、赤褐色の建物を多くみかける。サンタフェも例外ではない(下)。

20170220-02.jpg

これはダウンタウンの一部をとらえたもの。気温は35度ぐらいあったと思うが、砂漠地帯のため乾燥しており蒸し暑さはなく、ただただ日差しが強いのが特徴。夜から明け方にかけてはひんやりするので、以外と過ごしやすい。

次に、アルバカーキー。ちなみにサンタフェとアルバカーキーとの関係だが、前者が知事のいる政治の中心、州都であるのに対し、後者は州の経済の中心地と、まさにワシントンDCとニューヨーク市の関係と同じである。

さて、この看板、ご存じだろうか?

20170220-03.jpg

そう、カリフォルニア州サンタモニカからイリノイ州シカゴまでを結ぶルート66である。今は高速道路網に取って代わられているため、ところどころ寸断されているようだが、主要な街ではこうして残っている。

ルート66のイメージはなんといってもワイルドなスタイルでバイクを走らせる、というところだろう。1969年公開のイージーライダーのこちらの動画(Steppenwolf - Born To Be Wild (Easy Rider) (1969))を見て頂ければ数分でルート66を体験できるかと思います(一部、ルート66以外の道路もありますが、だいたいこんな感じです)。

こちらは旧市街でみかけたネイティブアメリカンのオブジェ?

20170220-04.jpg

どの部族のものまでかは分かりませんが、州全体で言うとナバホ、アパッチ、プエブロ、ズニなどの部族が住んでいるようである。全国的にはアラスカに次いで2番目にネイティブアメリカンの人口比率が高い州である。

最後にお土産屋での写真。

20170220-05.jpg

”メキシカン”な帽子がたくさん置かれているが、他にカウボーイハットも売られている。そもそも牧場がまわりのあちこちにあり、街でもカウボーイハットをかぶった人を時々みかけるぐらい。自分も一つ購入して暫く家に飾っておいたのだが、いつのまにかなくなってしまった。

こんなところでしょうか、紹介は。米国は国土が広いだけにあちこちに観光地がありますが、中西部は日本人にとってあまりなじみがないのではと思います。東海岸や西海岸にはない、中西部ならではの魅力はたくさんありますので、米国本土に行った際には一度寄り道してはいかがでしょうか?


家庭菜園 ブログランキングへ

久々の更新

どうも、よっチです。
今回、だいたい2週間ほどブログの投稿や閲覧を控えていました。心配いただいたりしてありがたかったですし、また、申し訳なく思います、すみませんでした。

さて、ブログから距離を置いていた理由ですが、まあー”無難”に表現するならある種の葛藤があったといったところでしょうか、昨年あたりから違和感のようなものを感じていたというか。もやもやしながらずるずるやるのも好きではないので、思い切って冷却期間を置いたわけです。

思えば少々前のめりになってたような気がします。今後は初心に帰り「地味に地道に」をモットーにコツコツ細々とやっていこうかと考えており、無理かもしれませんが、できれば質を少しでも向上させ喜んでもらえたり何かの役にたつような記事を投稿していけたらいいかなーと思っています。


家庭菜園 ブログランキングへ

フランス語、どげんかせんと!

どうも、よっチです。
いきなり東国原氏の宮崎弁ではじまりましたが、今日のテーマはフランス語の学習について。ちなみにニューメキシコの続きは来週ぐらいにやろうかと。

さて、このテキストを見て頂きたい!

20170204-01-02030900.jpg

実はこれ購入して10年ぐらいにはなると思うが、いまだに終わっていない。

最初の方は実に簡単(下)。

20170204-02-02030900.jpg

ドヤ顔で言うが、この章は軽く7,8回はこなしている(さすがに最初だしね)、へたすればCDの音声の物まねができるくらい。次に、

20170204-03-02030900.jpg

ここは数回やっただけ。いっきにぐっと下がる。さらに、

20170204-04-02030900.jpg

前人未到のジャングル! 今日はじめて開いたページかもしれない。ちなみに29章が最後、全部で150ページほどある。道のりは非常に長い。

いつもやってはやめ、やってはやめの繰り返し。今年こそはそれなりにやって仏語検定の一番やさしいやつ(5級だったか)にチャレンジしたいのだが。英語のときは仕事も絡んでいたので、それはもう鬼のように必死こいてやりましたよ、おかげでそこそこにはなりましたが。

フランス語の方は切迫する理由がとくにない、フランコフォン(フランス語話者)のカナダの友人とのやり取りや(ちなみに今は英語でやっている)、カラオケでフランス語の歌を唄いおねーさんに一目おかれドヤ顔することぐらいで、まさに自分次第なのだが、3日坊主ぐせは相変わらずなので、今年もどうかなー!


家庭菜園 ブログランキングへ

落ち葉堆肥作りの状況!

どうも、よっチです。
昨年末よりスタートした落ち葉の堆肥作り、今のところ順調に進んでいる、と思っている。落ち葉が入っているボックスはこちら。

20170201-01-01301044.jpg

サイズは90cmX90cmX90cmである。上にはシートを被せ、雨水の流入を防いでいる。これは、うまく発酵させるために、水分量を一定にする必要があるからだ。シートは風で飛ばされないように、それなりに重い廃材で押さえつけている。

さて、シートを外し中を覗くと。。。

20170201-02-01301044.jpg

落ち葉の上に、これまた廃材、こちらはカバーと重石代わりである。ちなみに、落ち葉は満杯にするのはやめて、だいたい50cmぐらいの高さに留めている。これは、切り替えし作業と言って、落ち葉の入れなおしをする作業をするのに十分な広さを確保できなかったので量を抑えたというわけだ。

板をどかすと、落ち葉の発酵状況を見ることができる(下)。

20170201-03-01301044.jpg

白く見えるのは菌のようだ。菌には空気を好む好気性菌と、その逆の嫌気性菌というのがあるらしい。こういった菌の働きにより、発酵が促進され温度も上昇し、雑菌や雑草の種子を死滅させてくれるそうだ。この辺、いかにも理科の実験をしているようでおもしろい。発酵熱利用型のバイオマスエネルギーの理屈は頭ではなんとなく分かっていたが、こんな風に実際に経験すると興奮してくる。

さて、気になる温度。表面の浅いところを少し掘って温度計を指すと。。。

20170201-04-01301044.jpg

50度を軽く超えている、もう少し中の方で計測すれば60度ぐらいはいってたかもしれない。満杯にしていないので、おそらくこれぐらいで大丈夫だろう(ととあるサイトに記載されていたので)。満杯にして発酵促進剤を入れてやれば、さらに温度は上がっていたと思う。とりあえず、発酵は今のところ順調、予定通り梅雨明けぐらいの完成を目指していきたい。


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ