中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

2015年総括

どうも、よっチです。
忘年会シーズンも終わり、クリスマス、年末年始と、2015年もあとわずか。ということで2015年の総括をしたいと思います。

まず、今年収穫した青果類は全部で12種類、以下の通りである。

 さつまいも、じゃがいも、にんじん、たまねぎ、にんにく、大葉、小松菜、なす、ミニトマト、ピーマン、枝豆、とうもろこし

これをアバウトな感覚で評価するとこんな感じだ。

・まずまずの出来(かそれ以上)  
  さつまいも、じゃがいも、大葉、小松菜、枝豆
・まあまあ(良くもなく悪くもなく)
  なす、ピーマン、にんじん
・うーん(考え込んでしまう)
  たまねぎ、にんにく、ミニトマト、とうもろこし

今年の最優秀賞はなんといってもさつまいもだろう。量もまずまずだし、味も日に日に甘味をましているし、評判もまずまずだし。

といったところで、冬は菜園ネタがあまりないこともあり、今年最後の投稿になります(2016年最初の投稿は1月第2週ぐらい)
しょうもない地味なブログを閲覧いただいた皆様、ありがとうございました。来年も引き続き相変わらず地味な菜園ネタでせめたいと思いますので、よろしくお願いします。それでは、よいお年を!


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

干し芋作りに挑戦-蒸し鍋編(その2)

どうも、よっチです。
3日間晴天が続き、干し芋もそろそろのようなので(というより本人が我慢できない)網ごと引き上げ試食した。

20151221-01-12201634.jpg

今回のは真ん中に白いかたまりができているものがいくつか見受けられた。これは糖分の結晶だそうだ。食感は前回のよりは総じてねっとりしているような。また、甘味も若干増したような気がする。よくよく考えてみるとスライスの仕方も影響しているのかもしれない。薄からず厚からず、最適な厚みがきっとあるのだろう。食べた限りでの感触はだいたい5mmぐらいだろうか?
次に別のいくつかをストーブ上で焼いて食してみた。焼いたのがこちら。

20151221-02-12201701.jpg

少々焦げてしまい、見た目が腐ったようになってしまっているが、品質は問題ない。味は香ばしく、酒のつまみにもできるような。とにかく悪くない。しまった、ビールを買っとくんだった、ザンネーン!

そんなことでまだまだ原料はあるのでいろいろ試してデータをとり、味を突き詰めていこうと思う。


家庭菜園 ブログランキングへ

たまねぎ、貸農園組はビミョー!!(定植後43日経過)

どうも、よっチです。
昨日に続きたまねぎ、今回は貸農園の方である。昨日土曜日の朝、気温は4度ぐらい、きっと霜が降りているだろうと思い貸農園に向かう。そして畝の様子。

20151220-01-12190744.jpg

案の定、霜が降りているようである。問題は敷き藁の部分がどうなっているか、藁を少しめくって地面の様子をチェック。

20151220-02-12190745.jpg

写真では分かりづらいが、霜は見受けられない。とりあえず成功?でも気温がさらに下がり厳しくなればこんなものではないのだろう。たまねぎたちは相変わらずビミョーな感じだし。とにかく1株でも多く生き残ってほしいのだが。。。ファイトは続く!


家庭菜園 ブログランキングへ

たまねぎ、裏庭組は順調!!(定植後42日経過)

どうも、よっチです。
今回は裏庭組を取り上げる。野良仕事した際に撮ったたまねぎたちの様子、まずは1.5m畝。

20151219-01-12190717.jpg

次に0.6m畝(プチ畝と呼んでたやつ)。

20151219-02-12190718.jpg

どちらもいたって元気に成長しており、枯れはほとんどない。与えている肥料は貸農園組と全く同じなので、やはり土の違いなのか、裏庭の畝は培養土を大量投入しているので、それが効いているのだろう。

ところでたまねぎを植えてる0.6m畝の隣に新たな0.6m畝を追加した(下)。

20151219-03-12190718.jpg

この畝には来春にんじんを植える予定だ。ちなみに、裏庭は1.5m畝と0.6m畝が各2本づつ備わることになるのだが、体制的には1.5mと0.6mの畝各1本づつで1セットにし、にんじんとたまねを交互にローテーションしていくことになる。タイムテーブル的には、にんじん(春植え)=>たまねぎ(秋植え)=>にんじん(秋植え)=>にんじん(春植え)。。。(以降同じよう続く)となる。実はこのようなローテーション運用は貸農園でも実施している。こちらのパターンについては後日触れることにする。


家庭菜園 ブログランキングへ

干し芋作りに挑戦ー蒸し鍋編

どうも、よっチです。
今朝は頭が少し、いたたたたっ、調子に乗って飲みすぎてしまったようだ。でも、いつまでも寝ていられない。なんせ、今日から3日間は晴天のようだからだ。干し芋作りのチャンスである。

今回は茹でるのではなく、蒸してつくることにした。そこで、登場するのが、蒸し鍋である。

20151218-01-12180817.jpg

紅はるかを2本使用する。1本分はすぐに消費し、もう1本は冷蔵庫にしばらく保存し、どの程度もつか、味などはどうかなどを確かめてみようと思う。この鍋に蓋をし、ぐつぐつさせること1時間ぐらいだろうか。ほどよくできたらスライスして干し網にセット。

20151218-02-12180943.jpg

スライスの仕方も少々変更し、断面がなるべく大きくなるよう平べったい感じにした。さあ、どんな具合にできあがるか、楽しみだ。


家庭菜園 ブログランキングへ

たまねぎに敷き藁作戦発動!!(定植後35日経過)

どうも、よっチです。
昨日は昼ごろより貸農園へ向かい、敷き藁を詰めていった。既にマルチを張ってしまっているので、短くカットしたものを穴の隙間からいれて、一つ一つ地面が隠れる程度にしていく。時間にして3時間ほどかかった。苗の一部であるがこんな感じになった。

20151213-01-12121327.jpg

問題は1月に予定している1回目の追肥だ。つめた敷き藁を一度のけなければならなくなるが、このときは割り切ってやるしかない。一つ一つの苗の状態確認をするものと思えばよい。ちなみに2月下旬に2回目を予定しているが、このときは敷き藁を取り除くことになるだろうから1回目よりは楽なはずだ。

ということで、はたして苗たちは寒さを乗り切っていけるか、まずは1回目追肥のタイミングが重要なチェックポイントとなる。このときまで苗の脱落が少なくてすむようちょくちょく確認していきたい。


家庭菜園 ブログランキングへ

たまねぎの枯れ、原因はこれでは?(定植後32日経過)

どうも、よっチです。
3日前の朝、パートの事業所への通勤途中で貸農園に立ち寄り、たまねぎの様子を確認することに。この日の朝の気温はだいたい4,5度で霜がおりていた。たまねぎ畝も案の定ご覧の通り。

20151212-01-12090656.jpg

特に一部を拡大してみると。。。

20151212-02-12090657.jpg

たまねぎがなんともつらそうである。裏庭のたまねぎは比較的ピンピンしているのに、こちらはどうしてこうなるのか?原因を探っていたところ、一つの仮定にたどりついた。土質の違いだ。つまり、裏庭の土はほとんどが市販の培養土を使用しており、比較的ふかふかしているせいか、霜や凍結に強いのかもしれない。対してこちらの貸農園の方はご覧の通り霜が見事にはっている。結果、苗が持ち上がり、根が弱ってきて最終的に枯れにつながるのでは?そう考えると目のあたりにしてきた現象に対して説明がつき、スッキリする。

この仮定のもとに対策を練らねば。ネットで調べたところ、バーク堆肥で覆うものや敷き藁をするものなど何種類かあった。バーク堆肥は既にマルチを覆っているので今回は使えない、となると敷き藁しかない。ということで、敷き藁作戦結構! これでどうなるか、試行錯誤は続く。。。


家庭菜園 ブログランキングへ

干し芋作りに挑戦(その2)

どうも、よっチです。
昨日朝、干していた芋を全て回収し、ジップロックに詰めた。2セットで見栄えのいいのと悪いのに分け、いい方はパートの事業所でお世話になっているおばちゃんに配り、悪い方は自分用にした。その悪い方がこちら。

20151211-01-12101853.jpg

とはいえ、味は同じ。食べてみたがまずまずである。実はよっチのパートの事業所では何種類かの干し芋商品を扱っている。産地でいえば、有名な茨城県産、それに、静岡県産、千葉県産だ。原料も紅はるか、安納芋があり、また、形状も丸干しから、スライス状、それにスティックなど。単に干し芋と言ってもいろいろなバリエーションがあり、奥が深そうだ。

今回の干し芋は茹でて作ったが、よく行われる方法は蒸してやる方法、こちらの方がどうもやわらかくしあがるらしい。今回は初回(実は前月試に1回やっている、半分かびが生えて失敗したが。。。)ということで、いくつかのパターンをできれば検証していきたいと思う。


家庭菜園 ブログランキングへ

干し芋作りに挑戦

どうも、よっチです。
今日は収穫したさつまいも・べにはるかを使って干し芋作りに挑戦。まずは芋の選定。

20151208-01-12070635.jpg

まずまずの大きさだ。次にこの芋を茹でるのだが、今回1/8にカットして鍋に投入。

20151208-02-12070640.jpg

90分ほどとろ火でぐつぐつと煮たら、鍋から取り出しまな板の上に。包丁で適当な大きさにスライス。

20151208-04-12070825.jpg

でこれらを干し網の中にセットし、日の当たる場所に干して、2,3日待つことに。

20151208-05-12070837.jpg

ということでこの続きは後日。。。


家庭菜園 ブログランキングへ

じゃがいもの収穫(定植後89日経過)

どうも、よっチです。
3日前のできごとになりますが、じゃがいもを本格的に収穫しました。というのも全て完全に枯れていて、じゃがいも達が収穫されるのを待っているがごとくの姿に見えたからです。

20151207-01-12041303.jpg

手前の収穫したじゃがいも達をさらに拡大したのが、こちら。

20151207-02-12041303.jpg

1株あたりだいたい5個程度というのは想像通りだったのですが、拳大のものがいくつか混じっており、これはうれしい誤算である。追肥等で使った草木灰がきいたのか?いずれにしてもまずまずの結果だ。


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ