中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

インカよ、めざめよ!

どうも、よっチです。
先日の投稿で保管していたじゃがいも男爵の種芋が腐ってしまい使えなくなったことをお伝えしたが、それから間もなく新たに種芋を購入した、それがこれ。

20170324-01-03131235.jpg

普通のじゃがいもより一回り小さい、インカのめざめ、というじゃがいもの一種である。味が栗のように甘味があるのが特徴である。植えるときは、普通のじゃがいものように芋を分割して植えるのではなく、種芋をそのまま植えるらしい。ということで実際に植えてみた。

20170324-02-03131235.jpg

溝を掘って、そこに芋を間隔を開けておいていく、芋と芋の間には元肥として有機肥料を与えた。一通りできたら、土をかぶせて終了。最後にネコに荒らされないように防鳥ネットを設置した。

20170324-03-03131235.jpg

前回の秋作では見事にネコに荒らされてしまったので、その対策として防鳥ネットを採用した。貸農園の方でも鳥対策で使用しているものである。今のところ荒らされた形跡は一切ない。あとは、名前のごとく、”めざめ”てくれるのを待つのみだ。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

じゃがいもの収穫

どうも、よっチです。
じゃがいもの種芋を定植して3ヶ月近く、期間的にはそろそろ収穫ができそうな感じである。ということで、まずは裏庭。

20161202-01-11251121.jpg

ここには6株ほど植えたのだが、今一つだらしない感じ。というのもノラ猫に何度も荒らされて、途中で放置状態になっていたのだ。その結果こうなった。

20161202-02-11251121.jpg

やはり、大してできていない。真ん中の大きいのは腐っていたので、実際使えたのは小さいのばかり。これらはじゃがバターにしてすぐに頂いてしまった。

次に貸農園の方(下)。

20161202-03-11251121.jpg

大分枯れているが、それなりに芽欠きや追肥をやっているので、こちらは期待できる。実際に収穫してみると。。。

20161202-04-11251121.jpg

まあまあの量。大きさも拳大からミニトマトぐらいのまでいろいろあるが、総じてまあまあの大きさである。総収穫量は裏庭と貸農園合わせて7kgを少々超える程度、もう少しいくと思ったのだが、まあ良しとしよう。

これからはますます冷え込みが厳しくなるはず。今年はこれらのじゃがいもでシチューとか体が温まる料理に挑戦したい!


家庭菜園 ブログランキングへ

じゃがいもの様子

どうも、よっチです。
久々にじゃがいもの話題である。先月初旬に種芋を定植して以来、順調に成長している。こんな感じだ。

20161021-01-10140848.jpg

後ろにもうもうとしているのはおなじみのサツマイモである。じゃがいもは今月初旬に芽欠きと追肥を行い、いよいよ成長モード突入である。葉に目をやるとこんなのがいた。

20161021-02-10140848.jpg

ちょこちょこ葉が食べられているが、致命的ではない。いずれはいなくなるので、そのまま放っておいた。収穫まであと1ヶ月あまり、ラストスパートだ!


家庭菜園 ブログランキングへ

じゃがいも、発芽したどーっ!

どうも、よっチです。
先週末のことだが、1週間ぶりに貸農園に赴き、作物の様子を確認した。まずは、さつまいもの様子を。。。

20160923-01-09161625.jpg

と違った、今回の主役はじゃがいもである(真ん中の畝)。相変わらず勢いが凄まじく、じゃがいものエリアを浸食しているので、いつものように蔓返しをしてきれいに。再度の撮影を(下)。

20160923-02-09161625.jpg

17株植えたが、全て発芽しているようで、今のところは順調。じゃがいもの魅力は掘るときももちろんあるが、自分的には発芽のときだろう、こんな感じ。

20160923-03-09161625.jpg

地面を割って力強く這い出るような茎の太さ、このダイナミックさがなんとも言えない。他の野菜だとこんにゃく芋もこんな感じかな。これから2~3ヶ月あまり、順調に育ってくれれば12月には収穫できるだろう、楽しみだ!


家庭菜園 ブログランキングへ

じゃがいもの栽培-2016

どうも、よっチです。
今週末はまた天気が崩れるというので、晴れているうちにと思い、昨日は草刈からじゃがいもの種芋を植えるまで一気に行った。今回はニシユタカを使う。

場所は、6月までたまねぎを植えていたところを使う。収穫して以来、ほったらかしにしたせいか、こんな状態だ。

20160903-01-09020726.jpg

なので、まずは草刈から。両端にはさつまいもが勢いよく生い茂っており、結構やりづらい。蔓返ししてもすぐに元に戻ってしまうが、それでも粘り強く何度も蔓を返し、作業を進める。一通り、草を刈ったら鍬で耕し、草木灰を混ぜる。畝立てをして種芋を植えられるように真ん中に溝をつくる。こんな感じだ。

20160903-02-09020838.jpg

メジャーを置き、25cm間隔になるように種芋を置き、種芋間に有機配合肥料を一握り分蒔く。最後に土をかぶせる(下)。

20160903-03-09020838.jpg

注意点は浅くならないようにすること。だいたい地表から6cmぐらいの深さになるようにしてある。浅くするとじゃがいもが緑化してしまうからだ。また、秋植えの場合、気温が高いので、春植えのように種芋を半分に切って植えたりすると、腐ってしまうおそれがあるので、1個そのまま使う。できるだけ小さいのを選ぶのがいいらしい。

90分ぐらいかかっただろうか。気温もあまり高くはなかったので、それほど苦にはならなかった。あとは発芽を待つだけ。だいたい1週間から10日といったところだろうか。楽しみだ!


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ