中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

落花生の種蒔

どうも、よっチです。
ここ数日は天候に恵まれ、気温もぐんぐん上昇しており、落花生の種蒔にはちょうどよい。ということで準備を着々と進めた。まず、使うのはこれ。

20170520-01-05191409.jpg

おおまさりという品種。自宅から南東に40kmぐらいいったところは国内でも有数の落花生の産地で、そこで大々的に栽培されている。この落花生の殻を割り、種蒔できる状態にする。

20170520-02-05191409.jpg

用意したのは約60粒、実際使うのはせいぜいこの半分ぐらいだ。

そもそも落花生は予定にはなかったのだが、さつまいもに被害を及ぼすネコブセンチュウの対策など、そろそろ土壌管理にも本腰を入れなくてはと思い、栽培作物に組み入れることにした。本来ならばさつまいもを2年連作するところ、1年は落花生をやることに。落花生は土中のネコブセンチュウを減らしてくれる効果があり、実際に上述の落花生生産地ではさつまいも栽培も行われている。

さて、いよいよ種蒔、貸農園へいざ出発。植えるのはこちら。

20170520-03-05191409.jpg

真ん中の畝で、3週間前より準備を進めていた。苦土石灰と元肥は既に投入済。土も何回か鍬を入れてしっかり耕してある。ちなみに左隣には安納芋を栽培する予定だ。

50cm間隔で穴をあけ、各穴に2粒ずつ横向きにして埋めていく(下)。

20170520-04-05191409.jpg

そして最後の仕上げ。鳥対策である。彼らはマメマメが大好物なので、そのままだと食べられてしまう。そこでこいつの登場。

20170520-05-05191409.jpg

防鳥ネットである。実は右隣のたまねぎで使っていたもの、何度も再利用できるので大変重宝する。網目も小さいので雀などの小型の鳥でも侵入不可能。心の中で、右手をあげ中指を立てながら鳥に向かって”フOーOッ!”と思いっきり叫んだのはいうまでもない、これまで何回かやられたので、ざまあみろである。

あとは芽が出るのを待つのみ、失敗したらまた種蒔すればよい、6月上旬ぐらいがタイムリミットなのでなんとかなるかな?


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

にんじんの追肥

どうも、よっチです。
GWの後半、天気もよく、ちょうど園芸日和だったので、にんじんの追肥をすることに。

20170513-01-05050821.jpg

種蒔から約1ヶ月、ネット越しでも分かるぐらいすっかり成長している。さて、追肥をするために、防虫ネットを外す。

20170513-02-05050821.jpg

条間に溝を掘り、そこに追肥に使用する草木灰を入れていく。カリウムを多く含んでいるため、根の部分の成長を促進させるのにちょうどよい。

それにしても今回は楽であった。マルチをしていないので、めくる手間が省けるし、防虫ネットの取り外しや設置も移動式で簡単になったため、それまでの方式よりも格段に効率よくできるようになり、作業はあっという間に終了してしまった(と言うとちょっと大袈裟かな?)。

ところで、写真の右上の白いかたまり、これはビニールシートなのだが、何に使うかというと。。。

20170513-03-05050821.jpg

全体を覆うためで、暴風雨対策で使用する。ここは昨年の秋作で何回かの台風直撃で見事にやられてしまった。その反省から今回より設置したのだが、これまで2回ほど使用した。GW前に天気が急変して雷と激しい風雨に見舞われた日が2回ほどあったためだが、こちらも効果はまずまずである。普段、使わないときは横に収納するようにしている(下)。

20170513-04-05050821.jpg

本当はあまり過保護にしたくもなかったのだが、あまりに天候などにやられる状況が生じたため、ポリシーを変えた。今回は何が何でも結果重視、それなりの収穫を目指すのは言うまでもない。


家庭菜園 ブログランキングへ

落ち葉堆肥作り、その後

どうも、よっチです。
昨年の12月から取り組んでいた落ち葉堆肥作り、毎月切り替えしをやってきたが、4月はまだやっていない。落ち葉も微生物の発酵作用による分解がだいぶ進んだようなので、もういいかなとも思ったのだが、今回が最後ということで作業に着手。

まずは落ち葉の状態を確認。

20170429-01-04251014.jpg

だいぶ茶色になっており、朽ちているようである。分かりやすいように板の上にのせてみた。

20170429-02-04251014.jpg

土というにはまだ葉っぱ感が残っているのは否めないが、手に持つとボロボロになり、かなりいい状態である。これは例えて言うなら、ゾンビに噛まれて数時間経過しているが、まだ死に切れていない人間の状態だろうか(何の話や!)。

さて、ここからが少々しんどい。堆肥ボックスの中の落ち葉を全てかきだす(下)。

20170429-03-04251014.jpg

かき出した落ち葉を再度入れるのだが、なるべく上下が逆になるように入れていく。

特に難しいことはない、単純作業である。落ち葉の投入当初に比べれば、容積も幾分減ってきた感じだ。この状態でも十分使えるような気がするが、ここは焦らず秋作から投入していくことにした。


(お知らせ)
GW期間中は更新をお休みし、再開はGWあけからとなります。


家庭菜園 ブログランキングへ

玉ねぎの防鳥ネット卒業

どうも、よっチです。
先日の週末は3週間ぶりに貸農園へ。もっと早く行こうと思っていたのだが、天候とオフの日とのタイミングが合わず、このタイミングになってしまった。

さて、様子はというと。

20170425-01-04221100.jpg

大方の予想通り、雑草が生えてる生えてる。そして肝心の玉ねぎはというと、

20170425-02-04221100.jpg

おおっ、半分以上がネットからはみ出している。全体的に均一でむらがあまりなく、どれもほぼ同じようにまあまあ成長している。これはうれしい誤算である、しかもベト病などの病気関係もないようで、さらに、今回はなんと脱落0である。見事にこれまでの経験と対策が効いたようだ。

ちなみに、今回含め貸農園の玉ねぎのこれまでの生存率(脱落せず生き残ったもの)はというと以下の通りである。

  初回の2年前:15%(120株中、18株生存)※4条植え
  2回目の昨年:80%(90株中、72株生存)※3条植え
  今回(今年):100%(93株中、93株生存)※3条植え

収穫はまだ先の6月になる予定なので油断できないが、このままいけば今回は裏庭のと合わせてかなりの収穫が期待できそう。

さて、ということで防鳥ネット卒業決定で、40分ほどかけて草むしりついでにネットの撤去。

20170425-03-04221100.jpg


今度の週末はいよいよ隣の畝の準備に着手、天候に恵まれるとよいのだが。


家庭菜園 ブログランキングへ

裏庭もようやく春らしく

どうも、よっチです。
今日はパートは休みで浦安の魚市場に行く予定であったが、あいにく昨夜からの暴風雨で鉄道のダイヤは朝から大幅に乱れていたため、今日は断念。おとなしく家にいて、裏庭の様子をうかがうことに。

まずは、にんじん。

20170418-01-04181358.jpg

2週間してようやく発芽した。発芽率は70%前後となっていたが、実際には80%以上発芽しているようだ。今回、マルチなしにしたため、にんじんたちがきれいに並んでみえるのがなんともいい感じだ。

次にじゃがいものインカのめざめ。

20170418-02-04181358.jpg

こちら、発芽まで1ヶ月近く要した。しかも、写真のは空きスペースに植えたもの。本ちゃん用のエリアはわずかにこれだけ。

20170418-03-04181358.jpg

空きスペースの方が本ちゃんのところより日当りがよいことから、この差はどうも日照と温度にあるようだ。まあ、気長にみていこうと思う。

最後にたまねぎ。

20170418-041-04181358.jpg

これまで何度か強い風雨に見舞われ、茎が倒れてしまった。これでも補修してなんとか直立に近い形にしている。どうも裏庭は風雨が弱点のようだ。次回は強風対策をしっかりやりたい。

ということで、たまねぎは6月初旬、にんじんとインカのめざめは7月に入ってからの収穫を予定している。まだまだ先は長い!


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ