中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

にんじん/たまねぎエリアの整地作業

どうも、よっチです。
先日の日曜日、それにしても梅雨だってのに暑い暑い、そんな中での野良仕事、実にしんどかった。

さて、8末の人参秋植えに間に合うように、そろそろ作業をしなければならない。今回の秋植えはローテーションにより、たまねぎをやってたところでやるのだが、春にデビューした移動式防虫ネットにぴったりはまるように規格統一しなければならない。

ということでまずは準備、日差しが厳しいのと、蚊があちこちにいるので完全武装だ(下)。

20170715-01-07091107.jpg

なにしろ裏庭は貸農園と違い蚊があちこちにいる、下手に肌を露出しようものなら容赦なくさしてくる、もう痒いのなんの。そして材料、朝一でホームセンターに行き購入。

20170715-02-07091107.jpg

今回の目玉は敷地の一部に固まる砂を投入し、雑草が生えないように整地することである。気持ち的には全敷地にやりたいところだが、野菜の生育環境、つまり水の循環や養分的なものを考慮し必要最小限にとどめる。

さあ、いよいよ作業開始、今回はまず周囲の土を取り除き、板をはめられるようにするところまで。

20170715-03-07091107.jpg

マルチの部分が、6月までたまねぎがいたところ、そのまわりは全く手が入っていないところだったので、ひたすら掘り起こし、と言っても実は前もって何日か前に着手していた。ちなみに、固まる砂を投入するのは左端の蚊取り線香があるところ。ここにはさらにポールを設置する。

20170715-04-07091107.jpg

ここの左端、写っていないところが崖になっているのだが、崖の雑草除去の作業で命綱をつるすためにポールを設ける。十分な強度を出すため、ブロック2個と小石を大量投入してしっかりと基礎を作る必要がある。この作業が終わって、やっと固まる砂が投入でき、その後に畑の整地作業という流れになる。一気に片付けたかったが、小石が足りないのと日差しが強く熱中症にかかりそうになったので途中で断念した。残念だけどこんな日は無理しないのが一番、まだまだ時間的猶予があるので、じっくり完成させていきたい。


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

にんじんの収穫

どうも、よっチです。
先週のことであるが、にんじんがそろそろいい感じになってきた。移動式防虫ネットごしであるが、こんなもじゃもじゃ状態である。

20170711-01-07021559.jpg

この中で特に葉に勢いのあるのを選んで根本を掘ってみたところ。。。

20170711-021-07021559.jpg

それなりににんじんっぽく太くなっている、よしよし。これは早速収穫。

そして次に移動式防虫ネットを使っていない通常型の方も確認。

20170711-03-07021559.jpg

こちらはすっかり雑草と混在状態。しかし、にんじん自体はしっかり育ってくれたようである。ということでこの日の収穫がこちら。

20170711-04-07021559.jpg

にんじん2つと、インカのめざめを根こそぎ収穫。この光景、まんざらでもない。あとは、こいつらをどうするか? ここは基本に忠実にザ・男料理でいく。それぞれ刻んだものを、バターで炒めるのみ。できあがりがこちら。

20170711-05-07021559.jpg

どうですか、この素朴さ、でも味は文句なし。にんじんは生でも食べてみましたが、甘くておいしかった。これだから野菜作りはやめられない!


家庭菜園 ブログランキングへ

落花生の様子

どうも、よっチです。
発芽からかれこれ1ヶ月たっただろうか、ようやく開花までたどりついた。全体の様子はこちら。

20170708-01-07020916.jpg

すっかり大きく育っている。黄色いのがちらちら見えるがこれが花である。拡大したのがこちら。

20170708-02-07020916.jpg

実にかわいらしい。このタイミングでやらなければならない重要作業、マルチはがしだ。

落花生は同じマメ科の枝豆などとは違い、実が地中になる植物である。よく確認しなかったが花のついていたところから枝のようなものがニョキニョキ伸びてきて、これが地中にもぐり実ができてくるという仕組みらしい。

なので、マルチをはがし、さらには中耕して準備しておく必要がある。ということでせっせとやったのがこちら。

20170708-03-07020916.jpg

元の畝より約20cmぐらい幅を広げた感じにしている。本来ならこのタイミングで追肥するところであるが、これまでの野菜作りで十分に残肥があると思ったので今回は行わなかった、成長も順調なようだし。実をつくるのに必要な石灰も種まき前に十分与えたのでこれも省略。ということで、収穫まであと2ヶ月はかかるだろう。長丁場なので気長にやっていこうと思う。


家庭菜園 ブログランキングへ

安納芋の様子

どうも、よっチです。
先月はじめに植え付けをした安納芋、無事活着し成長モードに入ったようである(下)。

20170701-01-06240920.jpg

全部で10株植えてある、手前の2株は歯抜け、いやいや”葉抜け”のようだが、茎がちゃんと生きており、また、よく見るとまだまだギブアップしていない。

20170701-02-06240920.jpg

これは手前から2番目。茎のあちこちに新芽が出ている。ある程度は虫に食われるかもしれないが、果たしてこのまま生き残れるかどうか。

次にこちらの手前のやつ。

20170701-03-06240920.jpg

葉がわずかに残っているという状況、新芽もいくらか出ている。こちらも茎そのものはきちんと生きていてピンピンしている。

ということで当面の見どころはこの2株がどうなるかだ。自然の力が勝るか、芋の力が勝るかおもしろいところではある。この状況の場合、毎年の傾向からいうと芋が勝つのだが、はたして今年はどうなることやら。


家庭菜園 ブログランキングへ

ナスの様子

どうも、よっチです。
実はGW終わり頃にナスの苗を4つ購入し育てている。今回はプランターと露地に各2つとしている。まずはプランターの方。

20170627-01-06190621.jpg

こちらはプランターを2つ用意し、枝豆とペアにしてある。昨年やったコンパニオンプランツに基づく栽培だ。ともにプラスに作用して成長する、というものだが、正直言ってここのはナスだけそれなりに成長しているという感じで今一つだ。きっとやり方が悪いからなのだろうが、このやり方は今回で終わりにし、来年からはナスオンリーにするつもりだ。

次に露地栽培の方。

20170627-02-06190621.jpg

こちらは順調に育っている。苗の植え付け当初はどちらかというとプランター組の方がややリードぎみであったが、今では完全にこちらの露地組の方が優勢だ。やはり土の力によるのだろうか。

最後にこちら。

20170627-03-06190621.jpg

露地組の初収穫。教科書通りに最初は小さ目のところをゲットした。今回はそれなりに栽培法を”勉強”し、3本仕立てにしている。今後、教科書通りにうまくいくのか分からないが、出だしはまずまずなので今後に期待したい。


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ