中年パートタイマーの菜園日誌的なブログ

基本は菜園活動のお話、ときどき猫ネタ、飯ネタ、お出かけネタ、映画ネタなどなど!!

今年も夏恒例、山梨出張(2)

どうも、よっチです。
前回の続きということで。フォーラムの翌日は朝から夕方までエンジョイタイム、ゴルフ組と観光組に分かれての行動、小生は無難に観光組に参加。車2台に分乗し、はじめに訪れたのがここ。

20170725-01-07211614.jpg

場所は中央自動車道の釈迦堂PAにある。高速道路の工事中に発見された縄文時代の遺跡のようで、規模としては青森の山内丸山遺跡に次ぐ出土数のようだ。壺状のものを中心に展示してあるのだが、特に感動したのがこれだ。

20170725-02-07211614.jpg

出土したパーツを粘土か何かで繋いでいるのが良くわかる。この復元した壺は1/4~1/3近くが繋ぎ部分のようで、出土した30年近く前の関係者の苦労がしのばれる。今ならばITを駆使してより効率よく復元できそうな気もするのだが。

20分ぐらい見学したあと、次はルミエールというワイナリーへ移動。ここでは30分コースのレクチャーを受けるのだが、まずはじめに目にするのがこのぶどうたち。

20170725-03-07211614.jpg

品種はもちろん甲州、今年は雨が少なく、ぶどうの大敵であるカビに悩まされることもなく成長もまずまずのようだ。下に雑草が生え放題になっているが、これは水分の吸収を分散させるためにこうしているらしい。それぐらい水の加減は微妙なようで、出来栄えにも影響するようだ。

他にも製造工程や貯蔵室などを回って見学が終わり、いよいよお待ちかねのランチタイムーッ! 1発目がこれ。

20170725-04-07211614.jpg

コーンポタージュ、これ冷めたやつで、暑い夏にぴったり、右上のがスパークリングワイン、シュワッとした喉越しがたまりまへん!

20170725-05-07211614.jpg

おっとー、これは子牛のなんとか(名前忘れた)、そして、

20170725-06-07211614.jpg

ニジマスだそうです、このピンクのムニエル、これもいけましたよ。そしてとどめのデザートで終了(写真は省略)。

食事のあとはワインを2本購入し、次の目的地へ。

20170725-07-07211614.jpg

ここは新道峠という富士山が見える絶景ポイント。残念ながらこの日は天候が今一つで富士山は拝めず、下に見えるのが河口湖、本来なら正面に富士山が見えるようだ。

さて、富士山は逃したが、代わりにこんなものを見ることができた。

20170725-08-07211614.jpg

リニアの見える丘というのがあり、あまり期待していなかったのだが運よくリニア実験車両の撮影に成功。ここは折り返し地点に近いのでスピードもそんなに出ていないようだ、撮影するのにちょうどよい場所らしい。

ツアーはこれで終了となったが、最後の最後でなんか得したような感じ、いい終わり方ができて満足のいく旅となった、おしまい!


家庭菜園 ブログランキングへ
スポンサーサイト

今年も夏恒例、山梨出張(1)

どうも、よっチです。
この季節になるとチューブが活躍するのと同じで恒例行事が開催される。それがこれ。

20170722-01-07211614.jpg

山梨を中心に活動するNPOのフォーラムなのだが、小生も関係者である手前、極力参加するようにしている。時間は約3時間で、今回は地域観光という切り口でITを絡めた内容の講演が中心、登壇者は国の官僚の方や研究機関の方、大学教授など、久しぶりの”お勉強”ではあったが、知識としてためになり、充実した時間を過ごせたと思う。

さて、今回の会場は新宿から特急で90分ほどのところにある石和温泉、市町村でいうと笛吹市になる。ここは温泉としても有名だが、桃やぶどうの産地としても知られている。また、市内にはJR東海のリニア実験線もあり、いろいろと見どころがある魅力的な地域だ。フォーラム終了後は、そんな地域の観光ツアー、バスに分乗し訪れたのがここ。

20170722-02-07211614.jpg

こじんまりとしたワイナリーである。山梨だとメルシャンが大規模な設備を持ち有名だが、ほとんどのワイナリーが小規模で、原料のブドウを自前栽培するなどして工夫をこらしているようだ。そんなワイナリーで小生も試飲で気にいった甘口のを一つ購入した、家でゆっくり味わうつもりである。

次に向かったのが、宿泊場所となるこちらの施設である。

20170722-03-07211614.jpg

実は石和温泉駅から歩いて5分ほどのところにある。部屋がこれまたすごいのなんの(下)。

20170722-04-07211614.jpg

和室ではあるが、広さは20畳近くはあっただろうか、普通なら3,4人で使うようなところを1人分として割り当てられた。こんなに広くなくってもいいんだけどなー。

さあ、夜はいよいよ宴会タイム―! 今回もおいしいもの、いただきましたーっ。例えば、こんなの

20170722-05-07211614.jpg

や、はたまた、こんなの

20170722-06-07211614.jpg

などなど。ところで、海なし県なのにマグロ?って思われる方もいるのではと思いますが、実は山梨はマグロの消費量が多くて、都道府県別ランキングで上位(平成26年だと2位)だったりするんですよねー。確かに寿司屋があちこちにあったりします。

そんな料理の数々を消化しつつ、極め付けがこれだ。

20170722-07-07211614.jpg

アルコール度数50?のウイスキー。小生、酒はどちらかいうと強いほうだと思っているが、さすがにこいつは水で割って飲んだ、危険な香りがしたので(汗)。味はまあまあでした。

そんなこんなで、ずいぶん心地よくなったのでこの日は風呂に入って寝てしまった。他の参加者はというと2次回に突入し、大変盛り上がったらしい、まあ、参加したのがCMでおなじみの某社の社長さんとか、”癖のありそうな”ディープな面子ばかりだったので、参加する気がそもそもなかったんですがね。ということで続きはまたの機会に。


家庭菜園 ブログランキングへ

久々のブクロ!

どうも、よっチです。
先日の日曜日、この日はマンション管理組合の理事会があり、久々に都内へ出向いた。場所はここ。

20170613-01-06111452.jpg

さすが池袋、人で溢れている。このカオス的なにぎやかさは地元とまるで違う、正直言って今の小生にはついていけない、無理。会議まで時間があったのでIWGP(池袋西口公園)へ。

20170613-02-06111452.jpg

うーん、ここもカオス! 立教大学の六大学野球リーグ優勝の幕の下ではなにやら軽音楽の演奏(しかも盛り上がっていない)、その舞台前ではなぜかフリマ(そんなもんか?)。そういえば、17年ぐらい前に工藤勘九郎が脚本の池袋ウエストゲートパーク(I.W.G.P.)というドラマがあったが、まさにここが舞台。出演が長瀬智也はじめ、渡辺謙、窪塚洋介、遠藤憲一、妻夫木聡、山P、。。。と今にして思えばすごく豪華なキャスティング(他にも阿部サダヲ、小雪。。。とあげればキリがない)。チーマーな方々を中心に描いたカオスチックな展開だったと思うが、結構面白かった。こんなところが池袋テイストなんでしょう。

さて、時間が来たので会場へ。かんかんがくがく、いくつかの懸案事項があったのだが、驚いたのが粗大ゴミ問題。なんでも、住民以外の者が勝手にベットや布団、冷蔵庫などをゴミ集積場に捨てていくらしい。地元では考えられないことだが、池袋は何でもありか? 結局、集積所に監視カメラの設置を検討するということで落ち着いた、やれやれだ。

1時間少々で会議が終わり帰路につく。途中、御徒町と上野を結ぶ地下通路でこんなものを発見。

20170613-03-06111452.jpg

ここはどうも台東区の施設らしい、これ以外にもいろいろ面白いものが展示されていた。このフェイクの猫軍団には癒された、猫まっしぐらである。


家庭菜園 ブログランキングへ

浦安魚市場に行ってみた

どうも、よっチです。
先日の火曜日に行きそびれた浦安の魚市場、昨日ようやく行くことができた。

20170422-01-04211105.jpg

きっかけは石原さとみである。とある日、東京メトロの車両に乗っていたら、ドアの上にある車内テレビに石原さとみが映っていた。東京メトロのイメージキャラクターをつとめていて、メトロ内の駅とその周辺を紹介するCMなのだが、そこでは浦安魚市場で海鮮丼らしきものをおいしくほおばっていたのだ。ごくりっ、これはもう行くしかないと!

で行ってみた、電車で数十分、築地に行くよりずっと近い。中に入ると、ぷぅーんと生臭い臭いが、まあ、魚市場だからねーOKOK。で中を一通り見まわしてみたのだが、なんというか閑散としていて場末的な空気が強いのなんの、とても石原さとみがいたとは思えず、一度外へ出てあたりを散歩。新鮮な空気を吸いに旧江戸川へ(ちなみに、石原さとみが食べていたお店は人でいっぱいでした)。

20170422-02-04211105.jpg

東京湾方向の河口側を写したところ。橋を渡るのは東京メトロ東西線で、そのはるか向こうには東京ディズニーリゾートがある。反対の上流方向は、溯ると寅さんや矢切の渡しでおなじみの柴又にたどり着き、さらに溯ると関宿付近に至り利根川と合流する。

川には釣り船が写っているが、かつては漁船であふれていた。50年近く前だろうか、男はつらいよのロケ地にもなっていて、その頃は東西線が開通したばかり、映画でも漁船が映し出されていたかと思います。浦安はまだ市制に移行しておらず、そのときは東葛飾郡浦安町でした。それから、ずいぶんと変わり、かつての漁村の面影はほとんど消えました。写真の川を境に右側が東京都江戸川区になりますが、川の左右で街並みなど風景は変わりません。

さて、天候が悪くそのまま帰ろうかと思ったのですが、せっかく来たのだからと、自分で自分を説得し、再度市場へ。そこで、まず購入したのがこちら。

20170422-03-04211105.jpg

佃煮である。左がいか?で右があさりである。特にあさりは浦安の名物らしい。近くに三番瀬と言って、東京湾でも有数の干潟があり、そこでアサリやのりが収穫できる。また、魚類の産卵場としての役割のほか稚魚が育っていく場所でもあることから東京湾のゆりかごと呼ばれている。

次に魚市場と言えば。。。

20170422-04-04211105.jpg

マグロと甘エビ、これ2つで1500円でした。値札が一応あるのですが、実際は店との交渉次第。果たして、得したのか損したのか。。。

家に帰り、マグロや甘エビを差し置いて早速味わったのが。。。

20170422-05-04211105.jpg

ドライの苦味と佃煮の甘味の絡み合い、絶妙でした。ちなみに、マグロと甘エビは夕食でじっくり味わいました。


家庭菜園 ブログランキングへ

アキバで一杯!

どうも、よっチです。
久しぶりにとある飲み会があるというので、パートが終わったあと家で一休みして現地へ向かった、それがここ。

20170319-01-03141718.jpg

以前はよく行ったものだが、ここ何年かはあまり行かなくなった。地元にも大型電気店が何軒かあり、行く必要がないからだ。昔は業務用コンピューター(ワークステーションやサーバー製品)のパーツを買いに、専門店などを見て回ったりしていたが、今はすっかりしなくなった、この街自体もずいぶん変わってしまったし。

さて、飲み会はとある居酒屋チェーンで3時間ほど、3500円の飲み放題コースであった。結構リーズナブルである。中身はというと、

20170319-02-03141718.jpg

のような居酒屋らしからぬアイテムから、

20170319-03-03141718.jpg

のような定番のものまで。以外とこれでもか、というぐらいに食べ物が来たのでお腹いっぱいになりました。この前の日本橋の5000円コースに比べると食べ物のクオリティーは明らかに下がるが、適当に食べて飲んで話で盛り上がってがメインの飲み会であれば丁度よい。

ちなみに、今回の飲み会は某大企業のOBの方たちとそのBP(ビジネス・パートナー)で構成されていて今年でかれこれ10年になるから、それなりの付き合いになる。10年もすれば、立場や状況も結構変わるものだが、メンバーはほぼ変わらず皆元気にやっている、これがなによりのことである。

飲み会が終わり、いざ帰宅。座ってゆったり帰りたかったので、秋葉原からこちらの鉄道を利用した。

20170319-04-03141718.jpg

秋葉原が始発駅なので座るのは余裕である。開業して12年近く経つのだが、利用するのはこれが2度目である。実はトラウマがあり、初めて電車に乗り込んだとき、間違えて女性専用車両に乗ってしまったんです、開業して間もなくの頃なんですが。

ホームに電車が止まっていて、すいていて席もがらがら、ラッキーと思い座って待っていたら、近くにいた怖そうな”ゴリラー”な感じの女性が眉間にしわを寄せて「女性専用なんですけど!」と冷めた視線で突き放す言い方をしてきました、びっくりしたのと恥ずかしいのと、なにより女性専用車両、怖ッ!という感覚が出来てしまいました、ゴリラーさん、興奮してたようだし。鉄道営業法に違反しているわけでもないらしく、無視して居座っていても法的問題はないはずなんですがね(国土交通省の見解のようです)、鉄道会社も協力をお願いしているというスタンスだし、もっとも小心者なので居座るなど有り得ないですが。。。

まあ、そんなことがあって以来TX(つくばエクスプレス)は避けていたんですが、さすがにトラウマもうすれたので乗ってみました、もちろん普通の車両ですよ! エクスプレスというだけあって速い速い、いつも使う経路より10分ぐらい短縮できたかな、今後も使ってみようと思いました。これでトラウマは完全払拭できたかな!


家庭菜園 ブログランキングへ

FC2Ad

まとめ